前へ
次へ

行政書士の仕事内容とは

行政書士の仕事内容は、さまざまな書類の作成、相談及び提出手続きの代理です。行政書士が取り扱う書類は大きく3つに分類することができます。1つ目は「権利義務に関する書類」で、権利の発生、存続、変更、消滅に関する書類です。主なものとしては、売買や贈与、賃貸借などのさまざまな契約書、遺産や遺言に関する書類、示談書や協議書などがあります。2つ目は「官公署に提出する書類」で、営業の許認可申請や、在留資格認定証明書の交付申請などがあります。3つ目は「事実証明に関する書類」で、社会生活上で必要な事を証明するための書類であり、実地調査に基づいた図面や、会議の議事録、会計帳簿などがあります。このように行政書士の取り扱うことのできる書類は数多く、その数は1万種類以上もあります。

top用置換

top用置換2
Page Top